おすすめ!簡単!子供と一緒に家庭菜園(プランターでかぶ)種まき

プチ自給自足
我が家は、2023年夏に北海道(道央)へ移住へしました✨
移住して早いもので1ヶ月半、、、
引越し後のバタバタで家庭菜園なにもできず、、、
移住後最初の家庭菜園は、
プランターで簡単にかぶに挑戦です。
かぶはお手軽&手がかからないし、
葉ができれば、ベビーリーフとしてサラダや、汁物の緑になるので
おすすめです。
難しい作業がないので、子供と一緒に種まき、間引き、収穫とできるので、
子供との土いじりにも最適です。

我が家は以前畑を借りて無農薬野菜の作り方を
数年間にわたり指導受けて育てていました!
その時の野菜作り経験と、3人の育児の経験を活かして、
親子で楽しく、家庭菜園&食育をお伝えします。

本記事は、下記の方々の参考になります。
ー家庭菜園を始めたいけど、何からやるか迷われている方
ー子供と一緒に家庭菜園、食育をしたい方
ー家庭菜園でかぶを育てたい方

かぶ 種まきの準備

準備するものは、
プランター、土、種、木の枝or割り箸、じょうろ、不織布、ひも です。
最低限、プランター、土、種があれば、
他はなくても大丈夫かと思います!
不織布は乾燥防止、虫除け、寒さ対策で、
我が家では使用しています。
不織布があると、個人の感想ですが、
収穫量がUPすると感じています。

①プランターに鉢底石を入れる
我が家のプランターは穴が小さいので、割愛
我が家は、鉢底石を使用する場合は、
その辺に転がっている小石で代用しています。
子供に「小さい石を集めてきて」と言ってお願いしています!
②プランターに土を8分目くらいまで入れます
子供にやってもらいます!
小2の娘と年少の息子に任せました。
土を結構こぼしながら、一生懸命入れていました(笑)
準備完了!!!

かぶ 種まき、水やり、不織布で覆う

③タネを蒔く溝をつくる用の細長い木の枝などを準備
子供に「木の枝を1本取ってきて」と言ってお願いしています!
割り箸でも代用可能です。
④プランターの幅にもよりますが、
木の枝を使って2列まっすぐな溝を深さ2,3ミリで作ります。
⑤溝にタネを筋蒔きします
撒いた後は周囲の土を軽くかけて、手でポンポンと圧着します
この辺は子供たちにお任せしました!
かぶのタネは細かいので、溝からはみ出ますが
ご愛嬌で!
⑥水をたっぷりとあげます
子供たちにお任せ!
⑦不織布と紐でプランターを覆います
紐を結ぶのは、大人が手伝ってあげてもいいかもしれません!
写真を撮るのを忘れていたので、発芽した後ですが、
不織布を被せるとこんな感じです。
不織布を被せた後

古い余ったタネを使用したましたが、発芽しました!!
1週間でこんな感じで発芽します!!!
かぶ_発芽
タネを撒いた後は、土が乾いていたら、水をやるようにして栽培管理します。
直植えの場合は、晴れが続いて乾燥していなければ、
最初の水やりのみで大丈夫です。
時期的に周期的に雨が降ると思うので、基本放置でOKです(笑)
我が家では、子供達に水やりの世話をお願いしております。
毎日お世話をしてくれていると、芽が出たよ😀 と教えてくれます。
これが最終的にあのカブの姿になる所まで、
間引きなどの地味な作業も含めてお世話をしてもらい、
収穫の喜びを味わってもらいたいです!
大変な作業、地味な作業も含めて全て体験してもらう
それが、我が家の子育ての方針です!
「楽しいおいしい瞬間だけの体験ではなく、
地味で大変な作業も体験させる」 です😀

まとめ

今回はプランターで子供と楽しく かぶにチャレンジしました。
カブは簡単に手軽にできるので、おすすめ野菜です!!
・プランターに土入れる
・タネを蒔く溝をつくる(2列で2,3ミリの深さ)
・タネをまく 軽く土を被せて圧着
・水をたっぷりあげる
・不織布をかける 風で飛ばないように紐で結ぶ

プランターの場合は土が乾いたら水やり
直植えは基本放置 です!
1週間くらいで発芽します!!!
食育も兼ねて是非トライしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました