北海道移住計画ー実践編② 仕事(転職活動)ー

北海道移住
記事内に広告が含まれています。

こんにちは。我が家は 北海道移住 を考えております。
できれば今年2023年の夏にと考え、
転職活動、持ち家の売却、新しい家探しを現在進めています。
今回は北海道移住計画の実践編の第2弾で仕事(転職活動)です。
仕事は移住を進める上で、
最重要項目で気になる方も多いのではないでしょうか。

※移住に際して、必ず転職を勧める内容ではないのでご注意ください。

いきなり、移住、転職ではなく、
移住の進め方の計画、準備をしっかりしましょう!
まずは↓準備編を参照ください。


移住のタイミングで仕事について、
私たち夫婦は下記の方針にしました。
※上記の準備編にあります【なぜ暮らしを変えたいのか?】に繋がります
パパ→家族との時間を増やしたい、夕食を皆でとれるようにしたい
   という思いがあり、その暮らしを実現できるように転職する方針
私→全国展開している派遣会社の保育士のため、
   移住先の保育所を紹介してもらう方針

パパは転職する方針にしましたが、
大企業とかで、全国展開している勤め先であれば、
会社を変えずに希望出して転勤する方法もあると思います。
もし今の勤め先がフルリモートであれば、転職する必要がないと思うので、
移住=転職ではなく、十分検討して方針を決めましょう!
その際に、準備編でやった 「①自分たち家族のことの整理」も
活きてくると思います。
今の職のままで移住できそうだけど、
仕事面で移住の目的を達成できないのであれば、
もちろん、転職も視野にいれましょう!

我が家流の考え方になりますが、地方移住の仕事の考え方をお伝えします!

本内容は、下記の方に参考になる内容です。
 -移住したいけど、仕事どうしようと思っている方
 -移住したいけど、移住先(家)と仕事どっちが先?と思っている方
 -移住したいけど、仕事の探し方に悩まれいる方

地方移住での仕事の考え方(我が家流)

移住先(家)が先か?仕事が先か?

移住を進める上での羅針盤となる、
準備編(https://snowman-spur.com/hokkaido-ijyu-plan1/)で
どう考えているかによりますが、
下記2パターンになると考えました。


(a)移住してやりたい暮らしを実現するために移住先の優先度が高いパターン  と、
(b)移住してやりたい暮らしに仕事も含まれていて仕事の優先度も高いパターン 


 パターン(a)は、移住先が先になると思います。
   自然豊かで海が見える場所に暮らしたい、雪遊びができる場所に暮らしたいなど、
   X町に移住したい!!というパターンです。 

 パターン(b)は、ある程度仕事も視野に入れた場所選びになると思います。
   酪農をやりたい! アスパラ農家をやりたい! パン屋をやりたい! とかだと、
   生産が盛んな場所や就農サポートの手厚いところだったり、
   ニーズがあるところ(パン屋がない町)や、起業支援が手厚いところだったり
   が候補になり、 移住先はX町とY町とZ町かなと決まっていくパターンです。 

→パターン(b)の場合は、複数候補の移住先の中で仕事を探していく形になります

我が家はパターン(a)だったので、
これ以降はパターン(a)での進め方をお伝えします! 

転職するべきか?今の会社のままか?

 Q1.今の会社はフルリモートOKの仕事か?
    →OK:Q2へ NG:Q3へ
 Q2.今の仕事で移住の目的は達成できるか?
    →OK:今の仕事のまま NG:Q3へ
 Q3.今の会社で異動希望を出せるか
    →OK:Q4へ NG:転職を検討
 Q4.異動して移住の目的は達成できるか?
    →OK:異動して今の会社のまま NG:転職を検討

 我が家は、上記のように整理して考えていきました。
 その結果、Q1:NG  Q3:OK Q4:NG 
 よって、転職を検討開始しました。

転職に向けて

ここからはパパの転職の進め方になります。
全ての人に当てはまらないので1つのケースとして
ご理解いただきたく思います。

【転職エージェントへの登録】
  登録したエージェントは、移住者向けの転職サポート対応と、
  現地求人に強い面を考慮し、地場のエージェントへ登録。
 →転職先にフルリモートの仕事を探している場合は、
  大手のエージェントで東京の会社を狙う方が良いかもしれません。

我が家の移住先は札幌通勤圏内だったので、札幌周辺での職探しでしたが、
札幌通勤圏外だった場合は、東京のフルリモートの仕事を探す形になったと思います
当初の第1候補の十勝方面だった場合は、そうしていたそうです。


【自分のキャリアの棚卸し】
  移住関係なく、転職活動の一般的なことです。
  これまでの仕事内容を整理し、今後何をしたいかをクリアにしていく作業

【エージェントの担当者と面談】
  札幌と関東で距離があったため、電話、メールでのやり取り
  希望を伝えて、求人企業を紹介してもらう

【選考】
  気になった企業へ応募、面接の流れ
  オンライン面接(Zoom)

【内定】
  縁があって内定をいただく

という流れでした。

まとめ

【移住先(家)が先か?仕事が先か?】
  準備編(https://snowman-spur.com/hokkaido-ijyu-plan1/)で
  整理した内容を羅針盤にして、
  パターン(a)、パターン(b)どっちかを判断  

(a)移住してやりたい暮らしを実現するために移住先の優先度が高いパターン 
(b)移住してやりたい暮らしに仕事も含まれていて仕事の優先度も高いパターン 

 パターン(b)の場合は、複数候補の移住先の中で仕事を探し。
 パターン(a)の場合は、「転職するべきか?今の会社のままか?」を検討する

【転職するべきか?今の会社のままか?】

転職するべきか、今の会社のままにするかのチェックをする

【転職に向けて】

 転職エージェント選びのポイント:
  転職先にフルリモートの仕事を探している場合
  →大手の転職エージェントで東京の会社を狙う

  現地の企業を探したい場合や、移住者向けの転職サポートを受けたい場合
  →地場の転職エージェント

今回は移住の最重要項目である「仕事」についてでした。
仕事がどうするか決まると一気に爆速で移住が進んでいくことを
我が家では体感しております。それだけキーポイントになりますので
自分や家族の価値観をしっかりと整理した上で、
後悔のない仕事選びをしましょう!

自分たちの価値観にあった暮らしができるのであれば
転職しないのもアリですね!
今回触れていないですが、フリーランス、起業など
独立するもアリですね!

どの仕事を選ぶかのポイントとなるのは、
自分たちの価値観、移住してどういう暮らしがしたいのか?
準備編の【なぜ暮らしを変えたいのか?】などの
「自分たち家族のことの整理」がとっても大切です!

★★★良い仕事、良い移住生活、良い人生を★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました